露出調教動画サイト『さくら企画』のサンプル情報
動画プレイヤーが表示されない場合は、記事タイトルをクリックして下さい

調教ノート ミント 大人気キャバクラ嬢は淫乱パイパン露出女




001141227.jpg
調教ノート ミント


性格は明るく、人当たりもいいので彼女の勤めるキャバクラでは大人気のミントです。
そんな彼女がなぜ私の奴隷になっているのかと言えば理由は簡単です。
露出淫乱だからです。
いつも野外で苛めてやっています。
最近、またプレイを一段とハードにした結果、若い年齢ながら大人顔負けのマゾに成長したと自負しております。
私と会う時は必ず尻のぱっくり開いたTバック姿で来させます。
露出狂丸出しの姿ですから、視姦されたり、レイプされそうになったりと性的被害を受けることは日常茶飯事です。
「怖いぃ、犯されちゃう、お願いだから一人にしないで…」と怯えていてもしばらく放置し、「本当は興奮しているんだろう、確かめてあげるよ」と秘唇を撫でてやれば案の定マン汁でビッショリ汚し発情を隠せません。
近頃はただ外で見世物にしてやるだけではありません。
首輪で繋ぎ下半身を丸出しにさせた挙句、パイパンマンコにバイブを突っ込みあちこち散歩しています。
誰かに発見されれば当然レイプということになりますから、これはかなりの恐怖でしょう。
普通の二十歳の子には耐えられることではありません。
ですが本格マゾに成長したミントにとってはこんな極限の緊張が堪らないのです。
最近ではホームレスの前でマンズリさせミントのマンコをオモチャにしてもらったり、さらにポルノ映画館でも同様に…。
仲間達に輪姦させる場所も決まって公衆便所です。
「あぁ、もうイヤぁ…!」などとすがってきますが「お前は便器なんだから誰にでもナマで使ってもらえよ」と突き離し、その場で即マンさせます。
ミントは屈辱の声を便所内に響かせながらもメス快楽に堕ちていきます。
もちろん全員のザーメンを一滴残さず口で受けさせ飲ませます。
[ 2015/04/22 07:52 ] 調教ノート | TB(0) | CM(3)

投稿日記ミント 指名No.1キャバ嬢をハプニングバーで輪姦調教



sub1141213min.jpg
投稿日記ミント


新しい奴隷を手に入れました。
なかなかの美人であり、なんと言っても抜群のスタイルがソソります。
名前はミント(21歳)。
知り合いの付き合いで行ったキャバクラで、指名ナンバーワンの女の子でした。
私はナンバーワンの女の子だからといって、気取ったことなど一切言いません。
もちろん、エロトーク一本です。
それもかなり過激なSMや露出といった内容です。
他のキャバ嬢達はドン引きしているなか、ミントは逆にノリノリでした。
そして「実は変態だと思われたくなくて、誰にも言えなかったんですけど…露出に興味があるんです。」と告白してきました。
マゾだとわかればもうこっちのものです。
最初こそ「やっぱり恥ずかしいよ」と照れて拒みましたが「ほら、脱いでみろよ」と誘えば、エロ好奇心旺盛なミントはもはや断れません。
結局、露出プレイを2回、3回と繰り返すうちに、すつかり視姦興奮に目覚めました。
最近、やっと「私、変態なんだわ」と自分の性癖を認め始めたところです。
しかし、こんな変態畜生なくせに輪姦など他人男を交えたプレイには、なかなか応じないので、半ば騙す形でハプバーに連行しました。
入って直ぐ、さすがに普通の店ではないことを察知した様子でしたが、時すでに遅く気が付けば男達に囲まれ、帰ることもできず流されるままに肉棒を捩じ込まれ次々と顔面にザーメンを浴びせられ、犯されまくっていました。
その様は私も呆れるほどでした。
見知らぬ男に犯されているというのに「ああぁっ、すごいぃっ、でっかい、イッちゃうぅっ!」とアクメに達する始末です。
まだまだ進化過程ですので、今後の成長にご期待下さい。
[ 2014/12/13 05:45 ] 投稿日記 | TB(0) | CM(1)

調教ノート ミホ2 38歳根マゾ女




012141108.jpg
調教ノート ミホ2


初めて会った時から、私はミホ(38歳)にマゾ特有の雰囲気を感じていました。
伏し目がちな表情、従順な態度にそれがよく現れていたのです。
そう思ったので交際し、すぐに調教を仕掛けたのですが、私のサディストの勘は外れていませんでした。
ミホは確実にマゾでした。
その証拠に今では躰中に下品落書きをしてやればこれから始まる調教を想像して息は荒くなり秘唇からはマン汁が溢れています。
「オイ、外に連れて行ってやるぞ、大勢の前でお前のハダカ、今日も見世物にしてマワしてもらうぞ!」と言う一言に「お願いだから、もうやめて、見ず知らずの人とするのは本当に辛いの」と瞳に涙を浮かべて訴えていても「ウソだろう、自分のマンコを見てみろよ、スケベ汁がもう溢れてるじゃないか、もっとハードに苛めて欲しいんじゃないか?」の指摘に何も言い返せず首輪に繋がれ全裸で外に置き去りにされるのです。
残酷なようですがミホはこのレイプされるかもしれない状況に股間を熱く濡らします。
怯えながらも「ほら、もう男が近寄ってきてるぞ!」と煽りたて「期待しているんだろう、本当はマワされたくてマンコが疼いているんだろう」と責めたててやれば「今日も顔にもアソコにも精子いっぱい浴びたい、何十発も犯してもらいたいわ」と本音を漏らしてしまい毎回見ず知らずの男達に結局マワされるのです。
[ 2014/11/08 04:53 ] 調教ノート | TB(0) | CM(0)
検索フォーム
アクセスランキング