露出調教動画サイト『さくら企画』のサンプル情報

投稿日記 みさと




投稿日記 みさと


1年前からの淫乱調教で開発された肉体は、疼きが鎮まらず他人チンポに貸し出される事も拒めないキャビンアテンダントのみさと(24歳)です。
付き合った当初は、言葉使いが理知的で何より清楚な態度が印象的だった彼女ですが、セックスを繰り返していくうちに、徐々に本性が現れてきました。
必ずSMを求めるようになり、危険日であろうと見境なく中出しを要求し、射精されると同時に激しく乱れ、失禁するといった具合です。
私は過去を聞きだし、そこで彼女は赤裸々に告白したのです。
19の時に2年程付き合った男が、かなりの変態サディストだったらしく、2回目のデートでいきなり男4人を相手に輪姦させたり、その辺にいるホームレスのチンポをしゃぶらせたり、勿論SMプレイは一通り仕込まれたそうです。
私は驚くと同時に、彼女をもっとスケベに仕込んでやろうと思いました。
知的な女性でありながら究極の淫乱マゾに。
以来、普通のデートなどせず、変態プレイの日々が続いています。

9月12日
みさとと付き合いだして8ヶ月。
初めてのハメ撮りに成功しました。
頑なにビデオ撮影を拒んでいましたが、「セックス撮らせてくれないんだったら他の女を捜すよ!」と冷たくしたところ「イヤよ!ビデオでも写真でも撮っていいから、他の女としないで!」と泣きついてきました。
調子にのった私はここぞとばかりにみさとの膣にザーメンをたっぷり射精したその姿を映像に収めてやりました。

10月9日
最近は自ら野外調教をせがむまでに成長したみさとを散歩に連れて行ってやりました。
もちろん裸に首輪といったスタイルで。
駐車場で偶然出くわしたおじさん2人に無毛マンコを見られかなり興奮した様子だったので、しばらくの間そこに放置してやりました。
「ヤメてぇ、恥ずかしすぎるぅ」という言葉とは裏腹にはしたなくマン汁を垂れ流し、被虐トリップに陥っていました。

11月14日
今までみさとに何度も輪姦プレイを強制してきましたが、今回はより厳しく精神的に追い込む為にプレイ相手に全て中出ししてもらうことにしました。
「分かっているな、ド淫乱のマゾ奴隷らしくスケベに振舞えよ」と命じ、男達の前に引き連れてやれば「キレイな女じゃないですか、こんなにキレイなのにSM好きの変態なんですってね」と声を掛けられると同時にバックから犯され口にはフェラ男根を快り刺され何発も膣内に射精される度に「もう限界です。オマンコ壊れちゃう」と嘆きながらも絶頂に達してました。
[ 2017/09/27 11:42 ] 投稿日記 | TB(0) | CM(0)

投稿日記 モナコ




投稿日記 モナコ


銀座の超高級クラブでホステスをしているモナコ(28歳)は、こう見えてもれっきとした人妻であり夫はIT企業を経営していて何不自由のない生活を送っていたのですが、あることが原因で今は別居中らしく私とも週3,4回はセックスしています。
モナコは上品な容姿とは裏腹のド淫乱で旦那との別居の理由も毎晩一人でハプバーに通い乱交に明け暮れていたことが原因だそうで、たまたまその店に来た夫の会社の社員とも関係を持ってしまったことから浮気が夫にバレ、ハプバーの事も発覚してしまったのでした。
そして別居してから始めた水商売もその美貌とエロフェロモンを武器にたった一年でNo.1になってしまったそうです。
しかし高級ホステスになってもモナコの乱交好きは治まるはずもなくマンコが疼けば出勤前でもハプバーに行き、何本ものチンポで膣を犯してもらい精液を子宮にぶちまけてもらってそのままの状態で週に2日は出勤しているそうです。

7月9日
さくら企画から紹介されたモナコと初めて会った日です。
モナコは営業中今夜は知らない男にホテルで抱かれることに興奮していたのか、仕事中下着を二枚履きかえるほど濡れていたそうです。
私がカメラを向けたときにはすでに膣穴から溢れ出る愛液を止められずパンティに大きなシミを作っていました。
モナコはかなり好き者らしく、会って10分もたたない男にナマハメを許したばかりか、中出しまでさせてくれました。

8月16日
今日はモナコを性処理玩具にしてもらおうと混浴温泉に連行しました。
ネットで予告したこともあって、向こうに着くとすでに10人以上の人達が集まっていて、みなチンポを勃起させて待っていました。
勃起したものを見て笑顔を浮かべるモナコは「我慢できなくなったらどうしよう」と私に尋ねてくる始末で、結局30分後にはその場にいた全員のザーメンを搾り取っていました。

10月4日
生理前は膣穴が疼きすぎて仕事どころではなくなってしまうモナコ。
いつもの出勤前乱交では静まらずこの日は店を休んで私の友人3人と一緒にハプバーで朝まで遊びました。
モナコのド淫乱振りに居合わせた客達も混じり、大乱交となりました。
皆、モナコのその美貌を汚したかったのか、ほとんどの人が顔にザーメンを射精していきました。
精液まみれになった自分に興奮したのかさらに発情を加速させ次から次へと男根を朝まで貪っていました。 。
[ 2017/07/20 12:05 ] 投稿日記 | TB(0) | CM(0)

投稿日記 あいこ




投稿日記 あいこ


池袋の出会い喫茶で知り合ったあいこ(20歳)です。
かわいいロリ顔と巨乳、自分の魅力を最大限に活かすギャル服からくる印象とは裏腹に、つい最近まで禁欲系新興宗教にハマり、二年間ほど出家したそうです。
食事をしながら教団にいた時の話を聞くと集団生活で禁欲を重んじるあまり逆に男性を意識してしまい入信2ヶ月で男性信者と関係を持ち、その後も20名以上の信者とセックスし、時には1人で男5人と6Pまでしたこともあったそうです。
あいこは生粋の好き者らしく胸が大きくなりはじめる小2の時からマンズリに耽り、中1で処女を捨ててから300人以上とヤリまくり自分のふしだらさに嫌気がさし入信したそうです。
しかしセックス中毒の症状は治まるどころかさらにひどくなり、毎日男性信者たちに膣を使わせ精液を飲んでいたそうです。
そしてついに、教祖にバレてしまい強制退団させられてしまったのです。

7月21日
1日3人とセックスすることをノルマとしているあいこに理由を聞くと、「だって、最低3人としないと満足できないもん。」という返事が返ってきました。
そんなにセックスが好きならゴムなんて着けなくていいだろうと思い、一気にナマ挿入すれば「あぁん、ダメ、こんなのいけないよぉ。」などと口では抵抗するものの強引にピストンすれば必死に舌をからませ「おじさんだけだからね。中で出してもいいよ!」とおねだりしてきました。
私が膣の中に熱いものを放出すると同時にあいこも「いやあぁぁ」と躯をくねらせ絶頂していました。

7月26日
あいことの待ち合わせ2時間前に「今、教団の先輩といるんだけど、一緒に行ってもいい?」と電話があり「今日は男性信者と3Pか?」たっぷり嬲ってやろうと思ってレストランに行くと、なんと30代前半の女性(香坂)が座っていました。
今日はとりあえず食事だけして帰ろうと思っていると、「この人もすっごいセックス好きなんだよ!」とあいこが言い出し続けざまに「だっていっつも乱交してたもんね!」と明るく告白されてしまいました。
私が冗談半分に「今日一緒にセックスする?」と聞くと、その女性は頬を赤らめ静かにに頷きました。
この人は言い寄られたら断れないタイプかと思っていたのですが、実はあいこ以上の好き者だということがこの後発覚したのでした。

8月5日
3ヶ月前に強制退団させられて以来、輪姦されたことが忘れられず複数チンポを恋しがるので、ハプバーに連行し、私の友人3人とその場にいた客全員でマワしてやりました。
気心の知れた教団信者と違い、今会ったばかりの見ず知らずの男たちの無洗チンポを咥えさせられ困惑気味のあいこに皆、次々といきり立った肉棒を挿入し性欲の捌け口として膣を使い顔中をザーメンで汚していきました。
あいこは「おじさん、こんなこと教えられたら私、もっとダメな子になっちゃうよぉ」と叫びながら何度も昇り上げていました。
[ 2017/04/29 08:41 ] 投稿日記 | TB(0) | CM(0)

投稿日記 わかば



投稿日記 わかば
投稿日記 わかば


23歳のキャバ嬢を飼育しています。
相当なセックス狂いで今まで数多くのチンポ経験がありますが、ノーマルプレイしかしたことがないらしく、私の変態プレイ特訓を受けアブノーマル覚醒中です。
10歳でオナニーを覚えて以来、暇さえあれば肉ビラ弄りをしていないと気がすまない早熟発情ぶりを発揮し、17歳で援交オヤジに処女を散らされてからというもの、中年マラの虜に堕ち、23歳の今では毎日オヤジたちの生チンポを咥え込む簡易ザーメン処理便器としてご指名がかかるほどです。
いくら肉棒があっても足りないセックス狂いのわかばの為に、ネットを駆使し様々な変態中年をかき集め、アブノーマルプレイを叩き込んでやっています。

9月9日
チカンサイトに「ミニスカ履いたヤリマン女が、午前11時22分の品川発○○線の一両目に乗ります。好きなだけ苛めて下さい。」と書き込み、電車に放り込んでやりました。
わかばが乗るやいなやすぐにチカンたちが集まってきたので、教えてあったパイパン晒しで挨拶をさせてからたっぷりとチカンしてもらいました。

9月10日
もう一人の愛奴H美を交えて3Pしてみました。
H美は、私のご褒美チンポ欲しさと嫉妬でわかばをたっぷりと責めたてていました。
わたしがH美とばかりしていることに怒ったわかばは、テレクラに電話をして男を呼び出したので、皆で会いに行く事に・・・

10月17日
混浴温泉にたむろする覗き(ワニさん)にわかばを慰安婦として提供してみました。
何も知らずに私との温泉旅行にはしゃいでいたのもつかの間、混浴に放り込めばチンポをビンビンにした男たちに次々と襲いかかられ、みんなの前でヤリマン醜態を晒していました。
[ 2017/02/14 11:25 ] 投稿日記 | TB(0) | CM(0)

投稿日記 あきな

[高画質で再生]


投稿日記 あきな
投稿日記 あきな


初対面の男であろうと、気が合えばその日のうちにSEXする淫乱症のあきなは、三十路ならではの新鮮過ぎず熟し過ぎずの微妙な色気でイカ臭い生徒たちを虜にしています。
一年ぶりに深刻な声で「お話があります、会ってもらえますか?」と電話があり再会すると、昔より色気を増したあきながいました。
久々に会ったあきなは、周囲の目を気にしながら「あの・・・投稿誌に出ていたのが生徒にバレてしまったんです・・・それで・・・やらせてくれたらバラさないって言うから、駅のトイレでSEXさせちゃったの」と衝撃の事実を打ち明けられ、驚いている私にさらにビックリさせる一言が「相手の生徒は一人じゃないんです。3人いていつも同時に相手にしているの。
最近じゃあ私のアパートに入り浸りで、近所から変な目で見られるし、いつも彼らは中に出すからいつ妊娠してもおかしくないの・・・でも」と妊娠の恐怖に怯えながらも、快楽に負け生徒とのふしだら不貞アクメに貪る様を話してくれました。
「このままじゃ生徒の教育に悪いわ・・・」とまだ聖職者ヅラしたことを抜かすので、あきなをすぐにラブホに連行し、嬲ってやりました。
「このマンコに毎日生徒のザーメン何発もブチまけられてるのか?」と意地悪に質問すれば、「あぁ、そんな事言わないで・・・」と口では抗いますが、パンティの中は淫汁の大洪水で指嬲りもガマンできず一分後にはガクガクと膝を震わせ達し果ててしまう発情ぶりです。
極太淫具で肛門を貫けばヨガリ叫び「ケツ穴まで敏感にさせてそれを待ち望んでいるんだろう」の追い討ちに「あぁ、そうです、私は生徒のチンポでイキまくる教師失格のダメ先生なのぉ」と認め、アクメに狂いイキ果てます。
[ 2016/11/29 03:41 ] 投稿日記 | TB(0) | CM(0)
検索フォーム
アクセスランキング