露出調教動画サイト『さくら企画』のサンプル情報
動画プレイヤーが表示されない場合は、記事タイトルをクリックして下さい

投稿日記杉本

[高画質で再生]



064140329.jpg
投稿日記杉本


友達から紹介されたこの人妻(杉本)とはもう何度もヤッているのですが、セックスを重ねるほどに彼女の淫乱度に驚かされています。
浮気しているというのに、罪悪感など全くなく、常に快感優先であり、最高に昂っている時などは中出しザーメンさえ躊躇なく受け入れるほどで、私の方がヒヤヒヤしてしまうこともあります。
そんな彼女ですから並みのセックスでは到底満足しません。
なので毎回複数の男を調達し、徹底的にイカせてやります。
男というのは私の知り合いだったり、ポルノ映画館やハプバーにたむろする見ず知らずの人達です。
もちろん、精力絶倫なので助っ人にはもってこいです。
初めてポルノ映画館に連行したときなど観客からの獣欲視線に怯えながらも野獣たちの中に放り込まれ嬲られ何十回もイカせてもらえると思ったのでしょう、すぐに表情が緩みました。
本当にスケベな女です。
そしてハプバーでは、予想通り朝まで続く大乱交となりました。
飢えた男たちの絶倫セックスで何度もイキ果てているというのに、すぐに復活して、「まだ満足できないわ、もっとしてぇ、犯してっ」と連発の挿入をねだる彼女は、よっぽど絶倫チ○ポが気に入ったらしく、「今度は体育会系の男たちにマワされたいわ」などとリクエストをしていました。
[ 2014/03/29 06:45 ] 投稿日記 | TB(0) | CM(0)

投稿日記パリス 淫乱マゾ女の乱交セックス

[高画質で再生]




投稿日記パリス


彼女の名前はパリス。
この名前を聞いてピンときた方はかなりの投稿マニアでしょう。
知らない人にもお分かりになるように説明します。
彼女は1年前、とある投稿誌のマニア撮影に自ら応募し男7・8人を全て相手にした淫乱マゾなのです。
そもそも彼女がこんなに淫乱になってしまったのはとある男に長年調教された為であったのでした。
その男はパリスの躰を散々オモチャのように弄び、アナル調教から始まりSM、そして飲尿まで教え込んだのでした。
パリスがその男と別れた後も長年変態プレイに馴らされたマンコは疼きを抑えきれずに、ついにはテレクラや出会い系にまで手を出し男を漁ってはチンポを挿れてもらっていたのでした。
しかし、変態プレイをしてくれる人は見つからずいつもノーマルなセックス。
そんな時、ネットでマニア撮影の輪姦プレイを知り、その時人づてにさくら企画を知ったのでした。
そしてこの夏、28歳のアイドル性奴が完全な淫乱マゾに目覚めました。
野獣のごとくハメ乱れるパリス。その変貌ぶりをご覧下さい。
[ 2014/03/01 07:44 ] 投稿日記 | TB(0) | CM(0)

投稿日記ポコ アナルセックス&ポルノ映画館露出&2穴輪姦





投稿日記ポコ


14歳で処女喪失、そして、その一か月後にアナルも犯された天然マゾのポコ(20歳)です。
なぜポコが天然マゾかというとアナル経験が一人で無いからです。
なんと今までセックスした全ての男に肛門を提供したからです。
しかも初めて絶頂に達したのもマンコでなくアナルでした。
そんな女ですからいつも会う時は自宅からアヌス栓を挿入してきます。
すぐにチンポを挿れてもらう為です。
だから私はわざとその事に気付かないふりをしてウィンドウショッピングなどして歩き回り、じらしてやればやはり疼くのでしょう。
ポコの可愛い目が次第に怪しいマゾ色に潤んでいくのが分かります。
そうなってしまえば、後はこっちのものです。
即行、ポルノ映画館に連行してやりました。
「見ろよ、あの女!」という声がすぐに館内のあちこちから聞こえました。
それも無理ありません。
ノーパンのまま股間を拡げマンコだけでなくアナルもはっきりと分かるように見せているからです。
館内中の男たちのケダモノ目線に灼かれながら、私の命令でオナりだせば乳首は勃起し、ヒクヒクと肛門も蠢いている状態に。
近くまで寄ってきて視姦してた男の中にはポコに見せつけるようにチンポをしごき始める者まで現れる始末で「あぅぅ…ヤラシイ目で見ないでぇ…」と口走りながらもビクンと全身を弾ませるなり公開絶頂に達してしまったのです。
その後、お仕置きとして乱交メンバーの待つホテルに連れて行き朝まで両穴を犯してもらいました。
[ 2014/01/31 06:36 ] 投稿日記 | TB(0) | CM(0)

投稿日記 イブ ハプニングバー&3P調教


.


投稿日記 イブ


数多くいる私の奴隷の中でもエステティシャンのイブ(30歳)は最高ボディのうちの一人です。
Eカップの美巨乳を嬲ってやるとブルンブルンと派手に達し乱れ、ドマゾ顔に変貌します。
そんなイブを更に淫乱にしてやろうと先日はハプニングバーに連れて行ってザーメン塗れにしてやりました。
やはりイブのボディは目立ちます。
イブが店に入った瞬間、周りの客から歓声が上がり、その声は「ネェちゃん、オッパイ見せてくれよ」とか「ヤリたいからハプバーに来たんだろ、俺たちがヤってやるよ」と卑猥な方へと変わっていきました。
そんな恰好の相手を私が無視するわけなく「いい体してるでしょう。好きなように扱っていいですよ。ドMなんです彼女!」と皆さんにイブを紹介し、店に入ってまだ数分しか経っていませんでしたがさっそく弄んでもらいました。
「もう、やめてっ・・・」と涙目で頼んでいながらも精液を浴びる度、恍惚の表情に変わっていくイブ・・・。
また一歩スケベに成長したイブを見て次の調教に取り掛かることにしました。
それはもう一人の愛奴を交えてのレズ乱交です。
その計画を何も知らないイブは、部屋にもう一人の愛奴が現れた瞬間、ひどく動揺していました。
しかし、私のサドマラに馴らされた躰は抗えるはずもなく受け入れるしかありません。
目の前でもう一人の愛奴とたっぷりハメまくってる姿を見せつけ、奴隷身分を自覚させます。
散々お預けをくらったイブはもうたまらないといった表情でザーメンと愛液まみれになったチンポにしゃぶりつき「今度は私のオマンコでイッてください」と普段では決して口走らない下品な言葉でチンポを求めました。
[ 2013/11/15 16:28 ] 投稿日記 | TB(0) | CM(1)

投稿日記 まろん


.


投稿日記 まろん


現在飼育中の愛玩動物、まろん(23歳)です。
ギャルっぽい外見からもお分かりの通りキャバクラで知り合った当初は礼儀作法もなっていない状態でセックスもほとんどマグロでした。
しかし私の百戦錬磨の肉棒で女の悦びを叩き込んでやると「こんな気持ちいいエッチ、初めて・・・」とうっとり。
「もっと気持ちよくなりたいか?」との問いに頬を染めながら俯き、服従を誓いました。
それ以来、メス奴隷としてのハードトレーニングを開始しました。
勤務するキャバクラではパンチラ連発の超ミニ痴態を晒して同僚のキャバ嬢からは侮蔑の視線を浴び、客からはセクハラを受け、勤務後は私へのオマンコ奉仕に従事します。
風俗嬢を超える淫腰を教え込まれ発情ピストンで精液を搾り取るのです。
しかし、一旦女の悦びを覚えたまろんの発情は抑えることも出来ずついに私以外にセフレを3人作ったようです。
その事実を知った私は「そんなにチンポが好きなら・・・」とその日以来、調教は輪姦がメインになりました。
いつも彼女は最初こそ「もう、こんなことやめて下さい」と訴えてきますが、男達に囲まれ愛撫が始まるとすぐに吐息がもれだし被虐に酔います。
まろんのマゾ反応は絶品で輪姦する男達の数を増やしていけばいくほど淫乱さが増していき、今では相手のチンポを勃起させた途端、自ら男に跨ってハメ挿入し「淫乱奴隷のオマンコお楽しみ下さい」と変態挨拶し、イカせるまで腰を振り、ザーメンを飲み干していくまでになりました。
[ 2013/10/25 07:16 ] 投稿日記 | TB(0) | CM(0)
検索フォーム
アクセスランキング