露出調教動画サイト『さくら企画』のサンプル情報

投稿日記 安西


.


投稿日記 安西


携帯ショップに勤める安西(23歳)は愛くるしい顔立ちと抜群のスタイルを誇り社員のみならず客からもアイドル扱いされる美女です。
彼氏と別れてからも特定の人との平凡なエッチをたまに・・・という感じだったみたいですが、私と出会って人生が変わりました。
バイブをプレゼントし、毎晩の股ぐら弄りを命じ、どれだけ愛液が出たか報告するのが日課です。
最初は抵抗あったバイブ挿入睡眠も今では「アレ挿れてないと眠れないの」とおませな発言連発です。
「変態なことはイヤッ!」と拒んでいた露出も一度強引に全裸にして路上に放り出せば「なんだかアソコが熱い!」と羞恥発情するまでに成長しました。
まだ見ぬ桃源郷を体験したいらしい安西を深夜のハプニングバーに連れて行きました。
店内に入ってすぐに男達のギラついた視線に不穏な空気を感じた途端に怖気付き「やっぱり嫌っ、帰りましょうよ。無理やり犯されそうだわ」と訴えて来ますが「今さら遅いよ」とあっさり受け流し彼らの前に立たせ「今日はたっぷり犯してやって下さいね」と安西を紹介しその瞬間から輪姦が始まります。
[ 2018/09/26 07:39 ] 投稿日記 | TB(0) | CM(0)

投稿日記 エミ




投稿日記 エミ


現在、渋谷のアパレル店に勤めるエミ(26歳)は、自らオナニービデオをさくら企画に送ってきた女です。
その姿を見た私の感想は、本当の淫乱症とは彼女のような女のことを言うのだと思いました。
以前、彼がいた時も毎日セックスしてもらってたにも関わらず、ナンパやサイトで知り合った男だけでは飽き足らず同僚の彼氏にまで見境なくあさっていたらしく、そのことが原因で店をクビにされたようです。
エミに言わせればセックスの回数よりもチンポの数の方が大事らしく、絶えず違うチンポを膣に挿れてもらわないと気が変になるそうです。
彼氏にフラれて二ヶ月、エミは、仕事の多忙さもあり、ずっとオナニー漬けの日々を送っていたのですが、だんだんと複数の男達に犯されたい思いに囚われ股間を濡らすようになっていったのです。
そんな彼女にとってサイトで見つけたさくら企画の輪姦プレイは大変ありがたいものでした。
チンポが欲しくなると仕事帰りに超ミニ姿で、輪姦されにやって来て精液塗れのまま帰宅するのが現在は日課になっています。
[ 2018/08/28 09:42 ] 投稿日記 | TB(0) | CM(0)

投稿日記 りり




投稿日記 りり


完全服従のセックスペットに成長したH美から「ハプバーに行きたがってる同級生がいるの」と紹介された人妻のりり(40歳)です。
りりはかなりの好き者らしく、初めて行ったハプバーでも男達に積極的に裸を見せ付け破廉恥ポーズを晒すほど倒錯快楽に酔い痴れていました。
そして、ドスケベだと確信したのはボッキしたチンポを見た瞬間、目はうつろになり、息も乱れ、発情を抑え切れなくなったりりは「おかしな気分になっちゃうぅ」と漏らしながら他人マラをしごきあげたあげくついには店にいた全員の男根をしゃぶって回り精子をおいしそうに飲んでいたからです。
もちろん私がそんな好き者女を放っておくはずもなく、H美とりりを連れすぐにホテルに向かいました。
最初こそ「まさか、同級生といっしょに3Pするなんて・・・」と顔を紅くし恥らうりりを、H美がシャワーを浴びてる間にハメ犯し中出しを見舞ってやれば完全服従に堕ち、その後は、朝まで交互の膣穴を味わいたっぷりザーメンを注ぎ込んでやったのです。
「これからは、誰とでも交尾するセックスペットに仕込んでやるからな!」と言い放てば「お願いします、好きなようにしてください・・・」と調教懇願。
その日から変態プレイ漬けの日々が始まったのでした。
[ 2018/07/23 06:45 ] 投稿日記 | TB(0) | CM(0)

投稿日記 K子




投稿日記 K子


現在、某有名国立大学に通い、夜はセクキャバで生本番しまくってるK子(22歳)を紹介します。
頭脳明晰でプラドの高いキャリア美女ほど、エロに目覚めたときの転落ぶりは激しいもの。
この色情女もその例に漏れず初体験を20歳で済ましてからというもの特定の彼氏はつくらず出会い系でチンポを探してやりまくっていたそうですが、一日に2・3人のチンポしか挿れられないことに物足りなさを感じたK子はもっと効率よくセックスできないかと考え見付けたのがセクキャバでした。
私がK子と出会ったのもとあるお店でした。
本来、セクキャバは本番をする所ではなくその店でもその様な営業はしていないはずなのにK子は会って5分もたたない私に激しいディープキスをかまし生のまま私のチンポを膣奥にしまいゆっくり腰を振っているではありませんか。
私が、「こんなことして大丈夫なの?」と問いかけると「だってお客さんのアレ大きそうだったからしたくなっちゃったの」と答えるK子に「本当はいっぺんに何人もの男にマワされたいんじゃないのか?」と耳元でささやけば「本当は、小●生の時からずっとマワされること想像してオナってたの」と告白しました。
そして、この日からK子は私の愛奴として調教を受け、さらなるチンポ淫乱に成長したばかりか穢らわしいスペルマ性癖まで開眼させました。
[ 2018/06/26 07:37 ] 投稿日記 | TB(0) | CM(0)

投稿日記 マキ




投稿日記 マキ


マキとの出会いは、彼女の勤めるカラオケ屋でした。
ノリが良く好奇心旺盛なマキは野外プレイや集団輪姦にもすんなり承諾してくれた20歳の女子大生です。
とにかく若い年齢でありながらエッチな経験なら全て試したいといった感じであり、ミニスカ露出を頼んだときなどは「人前でやるの恥ずかしいけどいいよ、注目されるの好きだもん」と言ったとおりにノリノリでやってくれました。
その時、私はマキが色情狂だとすぐに分かりました。
もちろんこんなエッチな子を放っておく筈がありません。
野外以外にも様々なプレイを試していくうちに驚いたのはマキの敏感度でした。
だからこそセックスに対して好奇心旺盛になったのだと思ったのは集団輪姦され始めて直ぐに恍惚の表情を浮かべ男根を求め全ての体位で昇り上げ、そして圧巻は射精の時でした。
発情モード全開のマキは「そのまんま出して、いっぱいザーメンまみれにしてぇ!」と叫び中出しを求めてくるではありませんか。
その言葉を聞いた男達は、更に興奮したようでその後3時間マキのマンコは他人マラで塞がれたまま膣の中には十数発のザーメンでいっぱいになっていました。
今度もまた集団輪姦で犯してやろうと思います。
[ 2018/04/15 09:37 ] 投稿日記 | TB(0) | CM(0)
検索フォーム
アクセスランキング