露出調教動画サイト『さくら企画』のサンプル情報

調教ノート バービー




調教ノートバービー


公衆便所女に仕込んでいる26歳のバービーです。
ですから二人だけのプレイはほとんどなく、だいたいが他人を集めての輪姦です。
電車や温泉など、色んな場所で輪してやってきましたが、今回は新宿のハプバーを輪姦場所に選びました。
「大勢にヤラれるなんてもうイヤっ、あなたの趣味にはついていけない」と最初は強気なのですが、次々に男が現れ皆に囲まれると途端に静かになり瞳は好奇心で輝いて興奮しているのが明らかであり、男の一人に「今日はたっぷり可愛がってあげますからね、聞いてますよ。チンポが大好きなんですってね、この口で今まで何本しゃぶったんですか」と頬を掴まれ接吻されれば早くも喘ぎが漏れ・・・
乳房をもみしだかれ秘唇を撫でられて輪姦が始まります。
「ちょっとまって、私はそんな女じゃないの」と逃げようとしてもぐいっと身を引き寄せられ「嘘つくな、ド淫乱の癖に」と秘唇愛撫の指を抜かれ、マン汁のたっぷり付着した指先を目の前に突き立てられれば言い訳出来ず背後に回った男には「スケベだなあ、マンコをこんなに洪水にして。ほらもっとケツを突き出してくださいよ。大好物を突っ込んであげますよ」とバックから強引に姦通され一人がザーメンが発射してもすぐに次のチンポが挿入され「もう勘弁して、オマンコ壊れちゃう」と拒んでいながら連続絶頂に昇るのです。
それから何といってもバービーが、一番屈辱に打ちひしがれるプレイは、他の女を交えての3Pです。
バービーの目の前で他の女の膣に突っ込んだ挙句その男性器をしゃぶらせ中出ししたマンコを舐めさせます。
「もうこんなことヤメてよ!」と涙目で哀願しますが、そんな仕打ちをされても発情してしまう被虐マゾなのです。

10月23日
この日はバービーを初めて輪姦した記念すべき日の記録です。
行きつけのハプバーに友人3人を待機させていましたが、その時居合わせた客達が思いの他ノリが良くセクハラしてくれたので簡単に被虐発情したバービーに「この人達のチンポをしゃぶって抜いたら許してやるぞ!」と言い放てば「おじさんの為にフェラチオするんだからね」と渋々咥え始めますが、欲情しているのは明らかだったのでその場に居合わせた人達全員に犯してもらいザーメンは全て飲ませました。

12月17日
真っ昼間の露出は、夜のハード調教の為の前戯に過ぎません。野外でコートを全開にし、何人にも裸を見られて戸惑っても「まだ恥ずかしいのか、チンポが欲しいんだろ、今日も折檻されて惨めな快感に染まりたいんだろ」と煽られれば「くぅっ、苛められたいわ、たっぷり折檻してぇ」と素直にねだり、至近距離から浴びせられる視線にも耐え忍んで従順に堕ちます。
夜まで視姦晒しに虐められた身体は紅潮して被虐悦を待ちわび、私の肉棒から出されるものは全て体内で受け止めさせます。
もちろんザーメンは膣内に射精してあげ、小便は飲ませてあげるのです。

1月3日
何の予告もせず、バービーに他の愛奴(しの)を会わせてやりました。
最初は目の前にいるしのを見て狼狽しているバービーに「3人でセックスするぞ!」と告げると「そんな他の人と一緒なんてイヤ!」と抵抗の態度を見せますが私のチンポに散々飼い馴らされた躰は抗えるはずもなく渋々ホテルについてきます。
そんなバービーを無視してしのとイチャつき目の前で中出しを披露してやれば嫉妬からか、「オジさん・・・私にも中に出してよ」と強請りだし結局この日だけで2人に4・5発ザーメンを搾り取られてしまいました。
[ 2017/08/24 12:14 ] 調教ノート | TB(0) | CM(1)

調教ノート とも3



調教ノートとも3
調教ノートとも3


ともはかつて私が日々中出し漬けにした正真正銘のハメ穴ムスメ。
しかし彼氏ができ、私の元から離れて行きました。
もう二度とあのマゾ穴を見ることはあるまいと忘れようとした矢先、一年ぶりのおねだりメールが来ました。
聞くところによると彼氏は淡白らしく、私との変態セックスに馴らされていたとものマゾ穴は満足できるはずもなくこの一年、テレクラなどで男漁りを繰り返し50人近くの男根を咥え込んできたそうですが、皆ノーマルなセックスしかしてくれず欲求不満は高まる一方。
ついに我慢できず「また私を玩具にしてください。」と調子よくメールしてきました。
お調子者マンコに憎悪を抱いた私は、会うなりスパンキングと中出しをお見舞いしてやりました。
それでもともは「うぅ、これぇ、この刺激を一年待ってたの。やっぱりご主人様が一番ですぅ。」とイキ叫ぶ好き者振りに私の頭の中は、きついお仕置きの計画でいっぱいになっていたのです。

6月2日
一年ぶりに会ったともは、少し大人になった様子でした。
しかし私と久々に再会するためにわざわざマンコを剃毛処理してノーパンノーブラでやってくるところは昔どおりのマゾ牝で、「そら、こいつが欲しかったんだろう!」と肉棒を与えてやると本当に動物ではないかと疑いたくなるほど嬉しそうにしゃぶりつく有様でした。

6月3日
少し屈んだだけでもパンチラしてしまうような過激なミニスカートをノーパンで着用させ、さらに半ケツを露出させた状態で公園を散歩させてみることにしました。
その場にいた人達から浴びせられる侮蔑と好奇の視線にどうしようもなく牝発情を煽られたともはスケベな淫汁臭をプンプン漂わせていたので、「視姦疼きを慰めてやるよ。」と私の友人3人を呼び出しました。
「今日は好きなだけマンコに出していいよ!」と言い放つと彼らは白昼の公園だということも忘れその場でともを犯しました。
そしてホテルにチェックインしてから朝までずっとともを犯し続け、膣内に十数発のザーメンをぶちまけ満足そうに帰って行きました。

6月4日
野獣たちに一晩中チンポ餌食にされたともをスケスケのレオタードで早朝の町に連れ出します。
ハレンチ露出を強いられるスリルと被虐快楽に酔いしれまた股間を疼かせていたのでそのまま電車に乗り込み剃毛淫穴を晒させました。
人ごみの中で晒すマンズリ興奮に何度も昇りあげ、「ご主人様、精一杯ご奉仕しますから・・・どうかオチンポを・・・」と必死に訴えるので「いいか、今日はお前の親と同い年の女を呼んであるからしっかりとマンコを舐めて奉仕するんだぞ!」と迫り、もう一人の愛奴まりこを連れホテルに。
まりこはともがMだと知ると日ごろの鬱憤を晴らすかの様にともの乳首を摘み上げ執拗に苛めていました。
[ 2017/05/24 08:05 ] 調教ノート | TB(0) | CM(1)

調教ノート ゆみ2

[高画質で再生]



調教ノートゆみ2


普段は慎み深い清楚な女を演じていますが、調教して1年以上が経ちすでに100本以上に及ぶ男根の餌食になってきた躰は、朝も夜も肉穴をチンポに塞がれていないと安心できない淫乱に育ち普通のセックスでは満足できません。
いつも10人以上の男達を相手にする前に「あぁん、またこんなに呼んで・・・躰がもたないわ」と言ってはみても集まった乱交メンバーに「今さら上品ぶるのはやめましょうよ、あんたいつもそんな事言ってるくせにもっとオチンポ頂戴って自分から腰振ってんじゃん」と四方八方から冷やかされ襲い掛かられればすぐに吐息を上擦らせます。
男達はいつも容赦なく先走り汁が糸を引くチンポをゆみの顔に突き出し「これが好きなんでしょう。たっぷり味合わせてやるよ!」と言い放ち前から後ろから犯していきます。
ゆみのパイパンマンコに挿入した男は「こんな感度のいいマンコは初めてだ」と言い、次にアナルに挿入した者は「すごい締め付けでもうイキそうです」と大量のザーメンを放出していきます。
そして次々にチンポを生ハメされる度に淫乱の本性を暴露して「あぅ、もっと太いのがいいぃ、もっとギチギチに塞いでぇ!」と更なる他人棒を求め、底無しにイキ乱れる始末です。

2月3日
ポルノ映画館に通いつめて一年、ゆみはチカンのアイドルとなり今ではアナルまで嬲られイキ果てる女になりました。
今回はとても傑作だったのでここに公開します。
ゆみをいつもの様に全裸にして館内に放置していると集まりだしたチカン達の中に女装したオジさんがいるではありませんか、私はゆみが一番、嫌悪すると思われるその男にゆみのアナルを弄んでもらいました。
私の予想では必死に抵抗し、無理矢理犯される姿を想像していたのですが、私の思惑とは裏腹にゆみはアナルを嬲られながら自分から舌を絡めて喘いでいるではありませんか。
その姿を見た時、私はついにゆみは、本物のド淫乱になったことに感動しその場でアナルを犯してやりました。

6月21日
一週間ほど前にゆみからメールがあり「今、私、電車の中で3人ぐらいにチカンされてるの」とメールがあったので会って感想を聞くと「すごく興奮して何度イッたか分からない」と言いました。
そんなゆみを見て私はチカンサイトに「誰にでもヤラせる変態主婦をチカンしてやって下さい」と書き込みパイパンにしたマンコを電車内で公開させチカンしてもらいました。
その後は、たっぷりと男達の性欲処理道具として貸し出しザーメン漬けにしてもらいました。
[ 2017/03/09 11:56 ] 調教ノート | TB(0) | CM(0)

調教ノート 香坂

[高画質で再生]


調教ノート香坂
調教ノート香坂


顔面を汚されると最高に燃えるという特殊性癖を持つ香坂(33歳)は、新興宗教の現役出家信者です。
毎晩複数の信者チンポに膣穴だけでなくアナルまで差し出し、弄ばれ顔中を精液まみれにされている好き者です。
なのでハメてやった時にはフィニッシュに中出しでなく顔面ザーメンを求めてきます。
「顔面汚してほしいんだろ」と誘えばどんなプレイにも従順する香坂は首輪を嵌められれば責めの期待だけで疼きが鎮まらなくなる淫乱体質で足指まで舐めて服従を誓うマゾぶりです。
また、野外露出を強いれば初めは羞らい躊躇していたもののすぐに興奮を押さえられず肢体を切なげにくねらせて被虐に浸りきります。
そしてプレイの中で香坂の一番のお気に入りは顔面への小便です。
大量の小便を顔中にぶっかけてやればうっとりとした表情を浮かべ「とんでもない変態女だな!」の蔑みに発情を止められず「うぅ、もうこんなにグチョグチョ濡れてるんですぅ・・・」と剃毛処理した股を開いてブチ込みをねだりますが、私は愛液で溢れる剃毛マンコを無視し、いきり立ったままのペニスで肛門を襲います。
香坂は私のレ●プまがいのセックスが病み付きのようでもう変態の快楽にすがって生きるしかない身を覚悟しているようです。

7月26日
出会い喫茶で知り合った女の子(あいこ)に紹介された日に香坂を野外調教しました。
香坂は私が思った通りのマゾ女でした。
人通りの多い夜の公園を「スカートをまくってマンコを見せて歩け!」と命じれば少し戸惑ったものの見ず知らずの人に無毛ワレメを見せ弄ばれればすぐに昇りあげていました。
チカンされて発情した香坂は私に膣の疼きを訴えてきたのでそのままハプバーに連行し、その場にいた客たちに「アナルでもマンコでも好きなだけ犯してやってください。」と言ってしまったためこの後ここにいた客全員に朝まで両穴を犯されることとになりました。

8月17日
視姦快楽に目覚めた香坂に極小ビキニを着用させ様々な場所で辱めてやりました。
海やコンビニ、スパ施設などで視姦の的になった香坂は発情したのか高速のパーキングでいきなり「ご主人様の小便飲みたいです。」と懇願するので公開飲尿させることに。
香坂は大量の小便を口内で受け止めうっとりとした表情を浮かべていました。
[ 2016/12/24 03:21 ] 調教ノート | TB(0) | CM(1)

調教ノート みか



調教ノートみか
調教ノートみか


誰から見ても文句の付けようが無い美女のみかは、結婚しているが普通とはいえない部分を持ち合わせています。
過度な露出癖と淫乱症。
どんなに愛する男がいても、それだけは治すことが出来なかったそうです。
小●生の時から露出癖があり、いろんな男達にマンコを見せて歩くことを趣味とするみかの性欲を、夫に打ち明けることも出来ず悩み、出会い系で変態男を求め、いままでに約100人の男とセックスしたという。
しかし皆、ノーマル男ばかりでみかの性欲が理解されることは無かったそうです。
だが、3ヶ月前に私と知り合ったことで、小学校の時から満たされずに持て余してきた露出願望を満たすことが出来たのである。
会えない時はメールで露出命令を与えた。
彼女はすべての命令に従い、ついに、自分の開催しているお料理教室でご近所の主婦たちに教えながらオナニーし、クチュクチュ音を教室に響かせることも経験させました。

10月21日
みかは呼び出せばいつも命じた通りノーパンでやってきます。
獣欲男の溜り場であるポルノ映画館に連れ出せば、促されるままに濡れ潤む肉ビラを無差別に披露したあげく、至近距離から浴びせられる視線に耐え忍びながらも被虐マンズリを加速させます。
そのまま公衆トイレに連れ込み、素っ裸での放置プレイにも逆らえず「恥ずかしくて耐えられない・・・」と漏らしつつも、裸を目撃されるたびに卑猥にくねる腰の動きを辞められず、惨めな快楽に染まります。夜まで視姦晒しに虐められた躰は紅潮して被虐悦を待ち侘びます。
熱く火照った性器を指で撫でて焦らすほどに「んッ、んぅーッ、何でもいいから早くオマンコに突っ込んでぇ!」とねだりますが「まだお預けだよ」と言って更に焦らして、夜中寝入ったところで数人の男達に襲わせ犯させます。
いきなりやってきた男達に必死で抵抗するみかに「チンポが欲しくてしょうがないんだろ、本当はこうされたかったんだろ!」と皆の前でばらされ追い討ちの一言に錯乱し、一気に絶頂を迎えます。

11月14日
最近のみかは、露出プレイにも馴れ面白みが無くなってきたので、裸を目撃されるより恥ずかしい思いをさせてやろうと、有名スパリゾートに連れて行きました。
スケスケの白Tバック水着を手渡し「この姿でプールを歩くんだぞ」と言い放てば「そんな・・・待って、こんな格好イヤ!変態じゃない」と微かな抵抗を見せますが抗えるはずもなく、プールサイドでケツ丸出しのスケ水着のまま見世物状態にしてやります。
更に股間にバイブを捩じ込まれ破廉恥ポーズを要求し、晒し者にされても拒むこともできず「は、早く撮って・・・お願い、早くぅ・・・」と目を潤ませながら懇願するみかに「じゃあ、許して欲しければ今から混浴に行って、そこにいる男全員のチンポをしゃぶってまわるんだぞ!」と交換条件を突きつけ承諾させます。
混浴風呂にはすでに数人の男達がいました。「こんな所でフェラチオしていたら本当にレ●プされちゃうかも」と心配言を並べながらもそわそわと身をよじる姿に「そんな怖がってみせても、本当は誰のものでも構わないから今すぐにでもしゃぶりたいんだろ」と卑猥に声をかければ、泣き出しそうに潤んだ瞳で可愛く頷きます。
男達の脈打つチンポを目の前に差し出されれば、甘えながらチンカスまみれの男根に舌をまとわりつかせ、亀頭の先端から裏筋まで丹念に吸い付き精液で口内を汚されます。
一人が終わっても次々と口の中には男根を捩じ込まれ犯されます。
[ 2016/10/09 03:47 ] 調教ノート | TB(0) | CM(0)
検索フォーム
アクセスランキング