露出調教動画サイト『さくら企画』のサンプル情報

調教ノート しの3


.


調教ノート しの3


私の専属ペットのしのです。
まだ中●生みたいな顔をしてますが、男性経験は200人以上。
中一の時に担任教師に処女を強奪されそれによってマゾの性癖に目覚めたしのは、中高とサセマン生活を送っていたのだそうです。
私と出会ってからは精巣にザーメンが溜まると呼び出しては性処理便器として使用してきました。
また私の悪友たちにもレンタルし、ロリータ顔のくせに敏感発達したいやらしい体を弄ばせました。
しのはどうやら私にほれているようで、レンタルされる時に悲しそうな表情を見せますが生粋のドMですから毎回好きでもない男のチンポをブチこまれながらも何度もオルガに達し、申し訳なさそうな顔をしながら私の元に帰ってきます。
そして「今日はオチンポを一時間以上しゃぶらせられました。」「拒否したのに中で出されました。」「お●っこ飲まされました。」と、淫らな他人交尾を自白させられた後、私から野外でお仕置きを受けるのです。
「もう普通のエッチしようよ。こんなのばっかりじゃ嫌だよう」と訴えますが強引に衣服を剥ぎ取り桃色の秘唇をチェックすれば既にオツユは潤沢に溢れかえっており「ほら見ろ。もうこんなにトロトロだ。いい加減、変態を認めろよ」と責める言葉に「お外で恥晒ししただけでこんなにお股を汚してしまったの。おじさんいやらしくてドスケベなしのを許して。しのはこんな変態マンコ牝になっちゃったの・・・」と恥汁まみれの股を大きく広げチンポをねだります。
[ 2018/12/01 03:41 ] 調教ノート | TB(0) | CM(0)

調教ノート K子


.


調教ノート K子


スレンダーな細身で知的外見のK子(22歳)ですが正真正銘のマゾです。
普通のセックスでは満足出来ず苛められないとイケない被虐性癖なので毎回首輪に繋いでハメ犯しながら「この姿お前の大学の連中に教えてやりたいよ、お前が天然マゾだってな、みんな知ったら驚くぞ!」と言葉責めすればすぐに昇り詰めます。
「ほら自分ばかり気持ちよくなっていないで奉仕しろ!」と一喝すれば私の尻穴に顔を埋めて柔舌を限界まで肛門挿入し直腸の内側をベロンベロンと舐め回しながらチンポをしごきあげるのですから堪りません。
思わず射精しそうになると「いやっ!ザーメンは顔にちょうだい!」と清楚顔を突き出し精液を思いっきり浴びて鼻息を荒げながら「んはぁ、この息詰まるような匂いが最高なのぉ」と恍惚の表情を浮かべながらチンポについた精液を一片一片丹念に舐め取り「この穴に下さい。オチンポ様のマン汁汚れは私のお口で綺麗に致しますわ」と挿入懇願するまでになりました。

3月6日 K子を温泉旅行に誘い性処理慰安婦に調教してきました。
初めての旅行ということで陽気にはしゃいでいたK子ですが、私は、はなからそんな楽しい旅行をするつもりはあるはずもなく最初から泊りがけで調教してやるつもりでした。
行きの電車内で、さっそく態度を変え、K子のいやがる露出嬲りで苛めてやります。
そして温泉地では更に派手に苛める為男性ばかり入っている風呂を見つけては声をかけ「この子根っからの淫乱ですから好きにしちゃってください」と頼みみんなにK子を可愛がってもらいました。

4月5日 セクキャバでナンバー1でありながら「オイ、ハメてやるぞ!チンポ欲しいだろ。」と呼び出せばすぐに私の元にやってくる好き者K子は3日も放っておくと欲求不満を抑えきれずに「今日欲しいの、会いにいくわ」と店を休んでまでしてセックスを求めてきます。
そんなK子なので輪姦玩具に調教するのは簡単でした。
「俺のチンポが欲しければ集めた男達全員とヤルんだ!それが出来ないならハメはお預けだ」と突き放してやれば途端に悲しい表情を浮かべ「あぁ、待って分かったわ、どんな命令にも従うからオチンポお預けはよして!」と縋りついてくるので最近は輪姦プレイばかりになりザーメンは全て顔に浴びせてもらい汚してます。
[ 2018/11/15 07:53 ] 調教ノート | TB(0) | CM(1)

調教ノート エミ





調教ノート エミ


痴態行為をするようになってから淫乱ぶりが急加速したエミ(26歳)です。
近頃は勤務するアパレル店でもノーパンノーブラで過ごし同僚や取引先の男性にバレることを期待しながら秘唇を火照らしている有様。
私は、これは何かしらお仕置きが必要と思い、夏休み真っ只中の家族連れで賑わう海に連れ出し恥水着で見世物にしてやったのですが、エミは「あぁん、お尻見られちゃってる・・・みんなが視線で舐め回してくるよぅ・・・」とかわいい桃尻をプリプリ揺らして挑発する始末。
「そんなに見られるのが興奮するなら、もっと皆さんにサービスしてやれよ」と素っ裸にひん剥き、場末のポルノ映画館に放り込みマンズリさせれば、これまた見ず知らずの男に愛撫されると同時に大量の潮を吹き上げ絶頂に達するのです。
これではまったくお仕置きになっていないと思った私は、急遽、H美を呼び出し2人で調教することにしました。
[ 2018/09/17 06:42 ] 調教ノート | TB(0) | CM(0)

調教ノート りり




調教ノート りり


レンタル奴隷に仕込んでいる人妻のりり(40歳)を今回も公然露出と集団輪姦で苛めてやりました。
「もう、許して、いつも他人にヤラれるなんて・・・辛いの」と嘆きますが、許さず、男達の前に裸にして放り出してやれば「美人な人ですね、いいんですか、ヤッちゃって」とさっそく近付いてきた男達に「ド淫乱な奥さんだから遠慮はいりません、たっぷり可愛がってやってください」と伝え、貸し出せば「よして、私は、そんな気はないの」と懸命に抵抗しますが10分後には、男根をハメられ悔しく達し果てる女なのです。

5月2日
りりを温泉旅行に誘った時の映像です。
久しぶりの旅行ということで助手席で陽気にはしゃいでいたりりですが私はそんな楽しい旅行をするつもりは毛頭ありません。
私は最初から他人棒の射精慰安婦に調教してやるつもりでした。
温泉に行く途中で寄ったパーキングで態度を変えます。
少し屈めば下半身丸見えの超ミニのコートに着替えさせ大勢の人で賑わう自販機を指差し「あそこでマンコ突き出してジュース買って来いよ!」と露出命令を飛ばしてやりました。
「今日はやめて、せっかくの旅行なのに・・・」と訴えてきましたが許さずコートを捲り上げ変態丸出しの格好で買い物させ見世物にした挙句その後は更に派手に苛めてやります。
混浴風呂で声を掛けてきた中年男達(10人くらい)に「根っからの淫乱ですから精子飲ませてやって下さいよ!」と頼み皆のチンポを咥えさせてもらい大量のザーメンを恵んでもらいました。

5月19日
りりに初めての輪姦プレイをすることにしました。
ホテルに集まった男達を見るなり「これって、どういうこと・・・?」と不安げな表情を浮かべこれから行われることを薄々勘付いているようですが肉棒服従を誓ったオマンコ奴隷ですから逃げ出すことも出来ません。
「たっぷり可愛がってやって下さい」と言い放つと同時に8人の男達がりりの躰に群がり襲撃します。
「やめて、こんなのおかしい狂ってるわ!」と叫んでいたものの秘唇を刺激されれば「あっ・・・アァ・・・いやぁん・・・はぅぅ」とたちまち甘い声を洩らし理性を失って差し出されたチンポは喜んでしゃぶり次々に他人棒を求めすっかり複数輪姦の虜になっていました。
[ 2018/08/21 11:25 ] 調教ノート | TB(0) | CM(0)

調教ノート るり





調教ノート るり


るりは、二年前、男性経験一人の超ウブ娘でした。
るりとはそんな頃に出会い、いろんなプレイを楽しんだのですが、私と同時に同年代の若い男とも交際していたようです。
疎遠になって1年位した頃るりの方から連絡があり「若い子のセックスって全然つまらないし、ちっとも気持ち良くない、またオジサンに遊んでもらいたいな」と再度調教を求めるものでした。
要は普通にマンコにチンポを入れるだけのセックスでは満足出来ずもっと刺激が欲しかったのだと思います。
私は過去に露出やアナルセックス、複数輪姦など様々な変態行為をるりに仕込んでいました。
るりはまたそんな世界に戻りたくて私に連絡してきたのです。

7月2日
私との久々の再会に肛門を疼かせやってきたるりをスパ施設に連れて行きスケスケのレオタードを着用させ辱めてやりました。
初めのうちは「わたし変態じゃないもん!」と久々の羞恥プレイに強気な態度をとっていましたが同性から投げつけられる侮蔑の視線に耐えられなくなったのか「わたし変態ですから・・・もう、許して下さい」と屈服しました。
もちろんそれだけで終わるはずもなく視姦発情したるりはホテルに入るなり私の股座に顔を埋め獣のように私のチンポにしゃぶりつきます。
すぐにアナルセックスをしてもらえると思っていたるりに内緒でもう一人の愛奴を部屋に呼び目の前でセックスしてやりました。
突然部屋に現れた愛奴を見るなりるりはひどく動揺した様子でした。私は間髪いれずに「早く先輩奴隷のマンコを綺麗に舐めろ!」と一喝すれば肛門セックスを恵んでもらいたい一心のるりは抗らうことも出来ずクンニするしかありません。
目の前で結合部を見せつけた挙句挿入していたチンポを抜きるりに舐めさせ最後はもう一人の愛奴に中出ししたマンコを舌で掃除させました。
そして極めつけはもう一人の愛奴の小便を躰全身でるりに受けさせました。

8月8日
公衆チンポ便所として生きることを承諾したるり。
この日は、就活中のリクルートスーツで現れた彼女を野外で散々晒し者にした後、ハプバーに連れて行き輪姦の生贄にしてやりました。
「やっぱ本物の女子大生の肌は色艶が違うぜ」とギラついた視線でねぶり回され、「恐いよー」と男達の数に圧倒され半泣きでしたが、「どうぞ、遠慮なくケツの穴まで嬲り廻して下さい」と群姦に突き押すと凌辱のごとく襲い掛かる獣チンポに次々と幼壷を割り裂かれたばかりかアナルまで犯され、ついには二穴同時挿入に「ひんッ、そんなに激しくしたらまたイッちゃうぅ」と絶頂狂乱でした。
[ 2018/07/14 08:15 ] 調教ノート | TB(0) | CM(0)
検索フォーム
アクセスランキング