露出調教動画サイト『さくら企画』のサンプル情報
-別アーカイブ  [ 2015-12- ] 

露出投稿 しの



露出投稿 しの
露出投稿 しの


「私は、マゾかもしれない」そう感じるようになったのは中学一年生の担任教師と出逢ってから。
それまでは、少なくとも自分がマゾなんて意識はありませんでした。
だけど、放課後の理科室に呼び出され先生の舐め回すような視線を感じた時、あろうことか私のアソコがキュンと疼き、卑猥な汁が溢れ出るのを抑えることができませんでした。
「お前、スケベなカラダしてるね」先生は、そう言って私のお尻をぎゅうっと鷲掴みにし、割れ目へと指を忍び込ませ、乱暴にアソコをかき回された瞬間、私の中の何かがはじけそれ以来、先生の良き性玩具になり卒業するまでの三年間、先生の欲望のなすがまま弄ばれる日々を送っていました。

そして高2の時、初めて先生以外の人とエッチした私は、先生とのセックスが普通で無いことに気付いたのでした。
私がシャワーも浴びてない状態のアナルを舐めようとした時、男の人に「君って変態?」と聞かれ、赤面したことは今でも忘れられません。
先生と別れて5年の間、色んな人とセックスしましたが私の性欲を満たしてくれる人はいませんでした。

そんな時出会ったのが今のご主人様です。
会うたびに変態的なことを次々と仕込まれ、今では見知らぬ人にパイパンのオマンコを目撃されるだけで失禁する露出狂になってしまいました。
私が最も乱れてしまうのがやはり何と言っても屋外露出です。
しかも知り合いにバレる確立が高いほど興奮が激しいようです。
なので最近の露出調教の場所は、ほとんどが学校や家の近くです。
「せめて少し離れたところにしてください」といつも頼みますがその必死に抵抗している時ほど、秘唇発情が盛んなのはご主人様は分かっていますから、聞く耳も持たれず、強引に服を奪われ裸にさせられます。
羞恥興奮が最高になると、失禁する私はいつもご主人様に「こんな人目のあるところでションベンなんて、漏らすんじゃないぞ!」と煽られ我慢できず漏らしてしまいます。
どこかで偶然であった折には是非、私のオマンコを皆さんのズリネタ道具にしていただければ幸いです。
そして出来れば、私のパイパンマンコにたっぷりとスペルマを注ぎ込んでください。
[ 2015/12/28 02:57 ] 露出投稿 | TB(0) | CM(0)
検索フォーム
アクセスランキング