調教ノート 生田

[高画質で再生]



071140606.jpg
調教ノート 生田


ノーパンノーブラに超ミニ、教師とは思えないその風貌から学校の同僚には「先生、すごく変わったね」などと噂されても子宮に植え込まれたマゾ根性には抗えず私に指示されるまま毎日放課後輪姦の生贄として射精奉仕に勤しむ生田(34歳)です。
いつも「女盛りのお前の躰は夜泣きしてるんじゃないか!可愛がってやるから出てこいよ」と電話すると一旦は女のプライドからか「馬鹿にしないで」などと言い放つものの結局はノコノコと誘いに乗ってきます。
連れて行かれたハプバーでは待ち構えていた男達と対面すると「どういうこと!?こんなのイヤよ!」と立腹しますが「そう言わずに仲良くしようぜ、生徒と淫行しまくってんだろ」などと男達に言われるともはや言いなりになるしかありません。
「もう無理…限界です」と音を上げても「しゃぶれ」と目の前に大好きなチンポを突き付けられれば理性もプライドもぶっとび条件反射的にパクリ。
いやらしく生マラをねぶり廻す姿に男達も興奮して生田を愛撫し始めればすぐに吐息が漏れだし「あぁ、もう…好きにして!」と複数チンポに身を委ね集団凌辱のエクスタシーに溺れます。
関連記事

COMMENT0

LEAVE A COMMENT